コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルジューク朝 セルジュークちょうSeljuq; Saljūq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルジューク朝
セルジュークちょう
Seljuq; Saljūq

オグズ族の一分派であるセルジューク・トルコ族の建てたイスラム王朝 (1037~1157) 。 10世紀に族長セルジュークに率いられ,東方からシルダリア下流に移ってきてイスラム化した。その孫トグルル・ベグの時代にホラーサーンに進出し,王朝の基礎を築いた。彼は 1055年バグダードに入城して,アッバース朝カリフからスルタンの称号を受けた。第2代アルプ・アルスランは小アジア,シリア,アルメニア,パレスチナに進出。第3代マリク・シャー (在位 1072~92) の時代に最盛期を迎え,大宰相ニザームル・ムルクの補佐を得て,軍事的封建制 (→イクター ) を中心に国家体制を整え,多くの公共施設を建設した。セルジューク朝の拡大とその小アジアへの進出とはビザンチン帝国を脅かし,十字軍遠征の起因となった。マリク・シャーの没後,王朝は分裂し,カラ・キタイ (→西遼 ) の侵入とオグズの反乱のうちに滅びた。この王朝はイスラム帝国としての統治機構と文化とをもったが,軍事機構にはトルコ的形態が強い。ガザーリーやオマル・ハイヤームニザーミーのような学者,文人を輩出し,ニザーミヤ学院が各地に建てられ,イスラム文化の発展に貢献した。なお,この大セルジューク朝から分裂した小王朝をそれぞれ,ケルマーン・セルジューク朝 (41~1186) ,アナトリア (ルーム) ・セルジューク朝 (1077~1307) ,シリア・セルジューク朝 (1078~1117) ,イラク・セルジューク朝 (17~94) と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セルジューク朝【セルジュークちょう】

セルジュク・トルコ,オグズ,グッズトルコマンとも。トルコ系遊牧民の一分派が建てた王朝。セルジュークSaljuqに率いられたトゥルクメン族がシル・ダリヤ下流域から興起し,イスラム化した。
→関連項目アサッシンオスマン帝国コニヤスルタントルコファーティマ朝ホラズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セルジュークちょう【セルジューク朝 Saljūq】

トルコ系の王朝。1038‐1194年。大セルジューク朝とも呼ばれる。トルクメン族の族長セルジュークは,カスピ海,アラル海の北方方面より10世紀末にシル・ダリヤ河口のジャンドへ移住してムスリムとなり,ガージーを集めて勢力をなした。その子イスラーイールIsrā‘īl(?‐1032)は,サーマーン朝,次いでカラ・ハーン朝,ガズナ朝と同盟して力を伸ばした。その甥のトゥグリル・ベク,チャグリー・ベクChaghrī Bek(987‐1060)らは,1038年ニーシャープールに無血入城し,40年にはダンダーナカーンDandānqānの戦でガズナ朝軍を破り,ホラーサーンの支配権を手中に入れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルジューク朝
せるじゅーくちょう
Saljq

トルコ系の王朝(1038~1194)。カスピ海、アラル海北方方面より、10世紀末にシルダリヤ河口へ移住した族長セルジュークに率いられた一族は、イスラム化したトルコ人を集めて勢力をなし、その子イスマーイールはサーマーン朝、カラ・ハン朝、ついでガズナ朝と同盟して力を伸ばした。セルジュークの孫トゥグリル・ベク、チャグリー・ベクChaghr Bek(987―1060)らは、1038年にネイシャーブールに無血入城し、1040年にはダンダーンカーンの戦いでガズナ朝軍を破り、ホラサーンの支配権を得た。1055年、トゥグリルはバグダードに入り、アッバース朝カリフより、史上初めてスルタンの称号を公式に受け、東方イスラム世界の支配者として公認された。次のアルプ・アルスラーンはジョージア(グルジア)、シリアに遠征し、1071年には東アナトリアのマラズギルトでビザンティン軍を破り、皇帝を捕虜にした。第3代スルタンのマリク・シャー(在位1072~1092)時代が最盛期で、版図は、シリア、ペルシア湾からホラズム、フェルガナにまで達し、イエメンやバフラインにも遠征軍を派遣した。
 宮廷公用語はペルシア語で、ウマル・ハイヤーム(ウマル・アル・ハイヤーミー)らの文学者、ガザーリーらの神学者が輩出した。官僚はペルシア人が登用された。ニザーミーヤ学院を創設したニザーム・アルムルクはその代表的な存在で、彼の一族が代々宰相となった。軍隊は、初期には遊牧のトゥルクメンが中心であったが、やがて奴隷兵のグラーム(マムルーク)が重んぜられるようになり、総司令官、地方総督、イクターの保有者、幼少の王族の養育係であるアター・ベクなどの要職を独占した。国土は王族の間で分割されていたが、マリク・シャーの没後、一族間の内紛が激化し、グラーム優遇に不満を抱くトゥルクメンもこれに荷担した。歴代のスルタンは、西方へ進出する積極的な意図はなかったが、新たにマーワラー・アンナフルより流入したトゥルクメンや、反乱に失敗した王族らが新天地を求めてアナトリアへ移動し、ルーム・セルジューク朝や諸侯国を建てた。サンジャル(在位1117~1157)時代に一時王朝の再統一がなされたが、西方ではアター・ベク朝が独立し、東部州はカラ・キタイ、グズ人の侵入によって混乱し、サンジャル自身もグズの捕虜となって、スルタンの権威は失墜した。彼の死後、イラクとキルマーンにセルジューク家による地方政権が残ったが、前者はホラズム・シャー朝に、後者はグズによって滅ぼされた。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のセルジューク朝の言及

【イスラム美術】より

…世俗建築には,サーマッラーの諸宮殿址(9世紀中期)がある。セルジューク朝(1038‐1194)時代のイランの建築の特色は,構造・装飾ともに煉瓦の利点が最大限に活かされていることである。イランのモスクの新しい形式は,四辺にイーワーンをもつもので,さらに南側のイーワーンの背後にドームを架けることによってミフラーブを強調している(イスファハーンのマスジェデ・ジョメ)。…

【十字軍】より

…このため中世の史料は十字軍を〈エルサレムもうで〉〈聖墳墓参り〉などと記録している。十字軍の発端となったのは,こうしたキリスト教徒の聖地や,聖地への巡礼が,1071年にエルサレムを占領したセルジューク朝やビザンティン帝国領であったアナトリアに侵入したルーム・セルジューク朝などトルコ系諸族によって圧迫・迫害されているという西方キリスト教国の認識であった。そして,ビザンティン帝国の対イスラム防衛戦争にノルマン人出身のシチリア遠征隊をはじめ西欧騎士の傭兵隊が導入されるようになると,ローマ教皇庁のビザンティン帝国救援政策が聖地解放のための企てとして具体化された。…

【トルコ族】より

…他方,カラ・ハーン朝によって促進された西トルキスタンのトルコ化は,16世紀におけるウズベク族のこの地への新たな進出によって完成を見る。【間野 英二】
[セルジューク朝とオスマン帝国]
 トルコ族と西アジア・イスラムとの関係は,8世紀の初めにアラブ軍が中央アジアに進出し,多くのトルコ族が戦争捕虜として,また購入奴隷として西アジア・イスラム世界にもたらされたことを発端とする。そして,10世紀の中ごろにシル・ダリヤ北方の草原地帯で遊牧生活を送り,素朴なシャマニズムを信仰していた〈オグズ〉と総称されるトルコ系部族に属する人びとの一部が,やがて南下して,マー・ワラー・アンナフルに入り,イスラムを受容した。…

【マラーズギルドの戦】より

…東アナトリアのワン湖北岸より約50km内陸部の城塞都市マラーズギルドMalāzgird近傍で,1071年に,ビザンティン軍と,アルプ・アルスラーンが率いるセルジューク朝軍との間で行われた戦い。数の上では劣勢のセルジューク軍が,奴隷軍人(グラーム)の働きによって大勝利を収め,ビザンティン皇帝ロマノス4世自身も捕虜となった。…

※「セルジューク朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セルジューク朝の関連キーワードアナトリア・セルジューク朝ルーム・セルジューク朝ニザーム・アルムルクゴンバデアラビヤーンアルプ・アルスラーンダンダンカーンの戦いホラズム・シャー朝イブヌル・バルヒーシャフラスターニーウマル・ハイヤームスルタン・ワラドイーサベイモスクババ・イスハークバイジュ(拝住)イブン・ビービーダニシメンド朝ニザーミア学院アイドゥン侯国オルーミーイェラーワンディー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セルジューク朝の関連情報