トウキョウダルマガエル(読み)とうきょうだるまがえる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウキョウダルマガエル
とうきょうだるまがえる / 東京達磨蛙
[学]Rana brevipoda porosa

両生綱無尾目アカガエル科のカエル。ダルマガエルの亜種で、関東平野、越後(えちご)平野、仙台平野およびその周辺地域に分布する。体長約6センチメートル。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトウキョウダルマガエルの言及

【トノサマガエル(殿様蛙)】より

…ダルマガエルの祖先型は,かつて日本列島が中国大陸の前縁に位置したころに分布を広げ定着したもので,後に朝鮮半島経由で渡来した優位なトノサマガエルにしだいに圧迫され,分布を狭めたものと考えられている。一部では自然交雑が行われ,その結果生じたと考えられる亜種のトウキョウダルマガエルR.p.porosaが,関東,新潟,仙台平野などに分布している。【松井 孝爾】。…

※「トウキョウダルマガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android