コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台平野 せんだいへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙台平野
せんだいへいや

宮城県東部,太平洋沿岸平野の総称。県の中心部を占める。縄文時代の古仙台湾の海退と北上川迫川,江合川,鳴瀬川七北田川,名取川阿武隈川などの沖積作用とから形成された。伊豆沼,長沼,蕪栗沼,名鰭沼 (なびれぬま) ,品井沼など湿地が多かったが,江戸時代から次第に干拓され,広い水田地帯となった。中央部に 200m以下の丘陵があり,松島丘陵以北を仙北平野,南部を仙南平野という。さらに仙北平野のうち北西の迫川上・中流部を金成 (かんなり) 平野または金成耕土,西部の江合川,鳴瀬川の上・中流部を大崎平野または大崎耕土と呼ぶ。仙南平野のうち海岸に沿う地域が狭義の仙台平野で,そのうち阿武隈川以北は名取平野とも呼ばれる。狭義の仙台平野を除く山麓側に白石,村田,角田などの小盆地がある。仙北平野はほとんどが水田地帯。仙南平野も米作農業が主体であるが,白石盆地ではモモやリンゴ,キュウリなどの栽培,角田盆地では養蚕と畜産が行われ,名取川の扇状地と自然堤防,仙台湾岸の浜堤と砂丘地では,野菜やイチゴ,ブドウ,花卉などの施設園芸農業が盛ん。東北自動車道,東北新幹線が通る。仙台湾岸には仙台湾臨海工業地域が造成され,諸工場が立地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんだい‐へいや【仙台平野】

宮城県の主要部を占め、仙台湾に面する平野。松島富谷(とみや)丘陵以北を仙北平野、以南を仙南平野と呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

仙台平野【せんだいへいや】

宮城県の北上川阿武隈川等の下流に広がる平野。松島丘陵を境に北の仙北平野と南の仙南平野(狭義の仙台平野)に分かれる。前者は北上川流域の洪積台地や沖積低地で,沖積低地には低湿地が広く,仙北米の単作地帯。
→関連項目鳴瀬川宮城[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんだいへいや【仙台平野】

宮城県の中央部に広がり,仙台湾に面する平野。広義には西は奥羽山脈,東は北上高地南部,北は一関(いちのせき)丘陵,南は阿武隈高地北部で境される低地帯全体をいい,ほぼ中央部で標高200m以下の丘陵群によって南北に分断される。松島丘陵,富谷(とみや)丘陵以南を仙南平野,以北を仙北平野と呼ぶことが多い。 仙南平野は,七北田(ななきた)川,梅田川,名取川,阿武隈川などの河口付近の沖積平野およびそれ以南で亘理(わたり)丘陵東側の仙台湾岸の海岸平野を含む狭義の仙台平野と,周辺の角田(かくだ),白石(しろいし),大河原,村田,船岡,槻木(つきのき)などの小盆地群からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんだいへいや【仙台平野】

宮城県の中央部を占める平野。松島丘陵を境に仙北と仙南に分かれ、仙南に仙台市がある。陸前平野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕仙台平野(せんだいへいや)


宮城県北部から中部を占める平野部の総称。中央の松島(まつしま)丘陵・富谷(とみや)丘陵以北を仙北(せんぼく)平野(大崎(おおさき)平野とも)、以南を仙南(せんなん)平野といい、狭義の仙台平野は仙南平野をさす。東北地方随一の平坦(へいたん)部をなす。東は仙台湾に臨み、北は一関(いちのせき)丘陵、南は阿武隈(あぶくま)高地、西は奥羽(おうう)山脈で限られる。仙北平野(大崎平野)は北上川・迫(はさま)川・江合(えあい)川・鳴瀬(なるせ)川などの下流域を占める沖積(ちゅうせき)平野。仙南平野は阿武隈川・名取(なとり)川沿いの沖積平野と小盆地群、狭い海岸平野からなる。ササニシキで知られる銘柄米の大産地。仙南平野は果樹・野菜の近郊農業も盛ん。仙台港・石巻(いしのまき)港を中心に工業地帯が形成され、仙台市と周辺では都市化が著しい。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙台平野
せんだいへいや

宮城県の主要平野部の総称。西は奥羽山脈、北は一関(いちのせき)丘陵、南は阿武隈(あぶくま)高地北部、北東部は北上(きたかみ)高地南部で境され、東部は仙台湾に面する。ほぼ中央部にある松島丘陵、富谷(とみや)丘陵以北を仙北(せんぽく)平野、南を仙南(せんなん)平野とよぶ。仙北平野は北上川、迫(はさま)川、江合(えあい)川、鳴瀬(なるせ)川の中・下流域の沖積低地で、篦岳(ののだけ)丘陵、大松沢(おおまつざわ)丘陵、旭山(あさひやま)丘陵、松島丘陵などが環状に配列し、迫川低地帯、大崎平野、品井沼(しないぬま)低地などに分断されている。とくに北西部から南流する迫川は勾配(こうばい)が緩やかで洪水の発生頻度が高く、支流の排水を妨げ、伊豆(いず)沼、長(なが)沼をはじめ多くの沼沢地を伴っていた。そのため仙台藩時代から現代に至るまで、河川の改修工事と並行して沼沢地の干拓が行われ、各河川の上流のダム建設も進み、一帯は東北地方有数の水田地帯に変貌(へんぼう)した。石巻(いしのまき)湾岸の浜堤(ひんてい)列では野菜や果実の生産が行われ、定(じょう)川河口に建設された石巻工業港背後地の工業化も進んでいる。
 仙南平野は七(しち)ヶ浜半島から南の七北田(ななきた)川、名取(なとり)川、阿武隈川の沖積平野と亘理(わたり)丘陵東側の海岸平野を含む狭義の仙台平野と、角田(かくだ)、白石(しろいし)、大河原(おおがわら)、村田(むらた)、船岡(ふなおか)、槻木(つきのき)などの小盆地群とをあわせて総称する。狭義の仙台平野は水田地帯となり、沿岸の浜堤列や自然堤防では野菜や果実の生産が行われる。仙台、多賀城(たがじょう)、名取、岩沼などの都市があり、工場の立地が進み、仙台への通勤者も多い。仙南の各盆地にはそれぞれ同名の中心集落があり、旧城下町や宿場に起源をもつものが多い。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仙台平野の関連キーワードトウキョウダルマガエル津波による農地被害宮城県遠田郡美里町東北縦貫自動車道名取川(宮城県)トノサマガエル慶長三陸地震ダルマガエル柴田[町]仙台[市]津波堆積物ササニシキ遠見塚古墳続縄文文化東京達磨蛙名取富士貞観地震日高見国黒川丘陵仙台富士

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙台平野の関連情報