倉本(読み)くらもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉本
くらもと

鎌倉,室町時代の金融業者。鎌倉時代には一般に借上 (かしあげ) といった。その多くは寺院や富裕商人であったが,なかには有力荘官もいた。質屋を兼業し,質物を収める土塗りの倉庫を持ったので,倉本あるいは土倉 (どくら) と呼ばれた。最初は自分で倉を持つことのできない公家,武家,庶民から,その財産や貴重品を倉に預り,保管料を取っていたが,次第に積極的な金融を行うようになり,高利貸業者へと発展した。室町時代には,幕府に多額な倉役を納め,その保護を受けて栄えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉本
くらもと

鎌倉・室町時代に荘園(しょうえん)年貢物を納める倉を管理・運営し、金融業をも営んだ業者。「蔵本」とも書く。荘園領主は、年貢物保管の倉庫を荘園内や輸送上に便利な港湾などに設置した。この倉庫の管理を委託された倉本は、年貢物などの売却をも手がけ、高利貸業をも営むようになった。荘園領主は、しばしば年貢物を引き当てとして借銭をしており、荘園領主経済にとって倉本は不可欠な役割を担っていた。戦国期の『政基公旅引付(まさもとこうたびひきつけ)』(九条政基)からは、荘園領主と「蔵本」との具体的な関係がうかがえる。また倉本には、初め荘園内の有力名主や荘官が、のちには都市商人が任命された。1334年(建武1)東寺(とうじ)領若狭(わかさ)国太良荘(たらのしょう)(福井県小浜市)では、寺家倉本の百姓角太夫(かくだゆう)宅に悪党が乱入し、年貢物や資材を奪っている。これは倉本が荘園内の有力百姓にゆだねられていた例である。[鈴木敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倉本の関連情報