コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉本 くらもと

2件 の用語解説(倉本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉本
くらもと

鎌倉,室町時代の金融業者。鎌倉時代には一般に借上 (かしあげ) といった。その多くは寺院や富裕商人であったが,なかには有力荘官もいた。質屋を兼業し,質物を収める土塗りの倉庫を持ったので,倉本あるいは土倉 (どくら) と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉本
くらもと

鎌倉・室町時代に荘園(しょうえん)年貢物を納める倉を管理・運営し、金融業をも営んだ業者。「蔵本」とも書く。荘園領主は、年貢物保管の倉庫を荘園内や輸送上に便利な港湾などに設置した。この倉庫の管理を委託された倉本は、年貢物などの売却をも手がけ、高利貸業をも営むようになった。荘園領主は、しばしば年貢物を引き当てとして借銭をしており、荘園領主経済にとって倉本は不可欠な役割を担っていた。戦国期の『政基公旅引付(まさもとこうたびひきつけ)』(九条政基)からは、荘園領主と「蔵本」との具体的な関係がうかがえる。また倉本には、初め荘園内の有力名主や荘官が、のちには都市商人が任命された。1334年(建武1)東寺(とうじ)領若狭(わかさ)国太良荘(たらのしょう)(福井県小浜市)では、寺家倉本の百姓角太夫(かくだゆう)宅に悪党が乱入し、年貢物や資材を奪っている。これは倉本が荘園内の有力百姓にゆだねられていた例である。[鈴木敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉本の関連キーワード古瀬戸高蒔絵土倉近古草鹿腰越上覧相撲古信楽御倉四條流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉本の関連情報