コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガ・テムル朝 トガ・テムルちょうTughā-tīmūriyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トガ・テムル朝
トガ・テムルちょう
Tughā-tīmūriyān

イラン北東のジュルジャーン地方を支配したモンゴル系王朝 (1337~1409/10) 。イル・ハン,アブー・サイード (不賽因) 没後,ハン位を要求してホラーサーンに自立したチンギス家のトガ・テムル Tughā-tīmūr (在位 1337~53/4) に始る。彼はジュルジャーン地方を中心に統治し,チョバン朝ジャラーイル朝サルバダール政権と争ったが,1353/4年サルバダールによって暗殺された。その後同朝は臣下のアミール・ワリーにしばらく支配権を奪われていたが,84年チムール (帖木児) がアミール・ワリーを駆逐するとジュルジャーンに再興された。以後チムール朝の宗主権下に統治したが,1409/10年チムール朝に叛して滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone