コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トトナカ族 トトナカぞくTotonac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トトナカ族
トトナカぞく
Totonac

メキシコ東部,プエブラ州からベラクルス州にかけて居住する農耕民。かつてはエルタヒン遺跡に代表される高度のベラクルス文化を生み出した。 H.コルテスアステカ帝国征服に際し積極的に協力し,平和的にスペインの支配下となった数少い民族の一つ。寒冷多雨の高地と海岸付近の熱帯雨林低地の異なる生態環境に分れて住む。低地では豊かな農耕村落社会を営み,伝統的に環カリブ海文化の影響が強い。高地トトナカ族は比較的貧しく,通商や低地農業の季節労働者となっている。しかし伝統的生活様式は高地集団により多く保存されている。パパントラ地方では,高い柱に綱を垂らし,遠心力を利用して人間が飛翔するボラドールというアステカ時代の儀礼的遊戯を現在も行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トトナカ族の関連キーワード古代都市エル

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android