トベリ通り(読み)トベリドオリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トベリ通り
とべりどおり
Улица Тверская Ulitsa Tverskaya

ロシア連邦の首都モスクワの代表的な通りの一つ。都心のマネージ広場から北西方向の凱旋(がいせん)広場までの通りで、さらにベラルーシ駅まではトベリ・ヤムスカヤ第一通りが延びている。1930~90年の間は、この二つの通りをあわせて、ロシアの有名な作家の名にちなみ、ゴーリキー通りとよんでいた。1930年代の都市改造計画により、道幅がそれまでの倍の40メートルに広げられ、2、3階建ての建物が、歴史的に価値ある若干の建物を除いて壊され、1階に商店のある8階建てのアパートに変わった。モスクワ有数の商店街で、マクドナルドやピザハットなどのファーストフード店、各種の専門店、レストラン、ホテルのほか、モスクワ芸術座、チャイコフスキー・コンサートホール、市役所、プーシキン広場などが並んでいる。[小俣利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android