コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラスカラ州 トラスカラTlaxcala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラスカラ〔州〕
トラスカラ
Tlaxcala

メキシコ中部内陸の州。州都トラスカラメキシコ最小の州で,メキシコ高原南東端部に位置する。平均標高約 2100mの高所にあるため,気候は冷涼で,快適。かつてインディオのトラスカラ族の勢力下にあった土地とほぼ一致する地域で,トラスカラ族はアステカ帝国の支配に服することを拒み,スペインのメキシコ征服 (1519~21) に際して H.コルテスに同盟,その後もスペインへの忠誠を維持したため,植民地時代には多くの特権を与えられた。現在主産業は農業で,穀物の栽培が中心。ほかにマゲイ (リュウゼツランの一種) から醸造するプルケ酒を特産し,インディオによるサラペ (肩掛けなどにする織物) や毛織物などの民芸品の生産が盛ん。メキシコ市とメキシコ湾岸の主要港ベラクルスを結ぶ鉄道,道路が州を横断する。面積 4016km2。人口 76万 3683 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トラスカラ州の関連キーワードショチカルコバルサス川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android