コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラニ Trani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラニ
Trani

イタリア南部,プーリア州バリ県,バリ北西約 43kmに位置する港湾・保養都市。アドリア海のマンフレドニア湾にのぞむ。 11~13世紀にはノルマン人などの支配下で,東方交易の一中心地となり,1063年地中海における中世で最初の海商法典を生み出したと考えられている。家具,大理石,ブドウ,ワインを産し,輸出する。アドリア海岸南部で最も施設の整った海水浴場がある。海岸にそそり立つロマネスク様式大聖堂 (11~12世紀) は「プーリア地方の聖堂の女王」と呼ばれる。人口4万 9337 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トラニの関連キーワードロベルト サヴィアーノアンドハヘラ国立公園フォールドーファンベレンティー保護区オーストリア演劇シュトラニツキー気管支喘息治療剤電子伝達系阻害剤オーストリア文学サントマリー岬シクロフスキーブラウンパッチアントラニル酸ハンスウルストタウランニャロアミノ安息香酸キヌレニナーゼ気管支拡張剤オクトーゲン無水フタル酸

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android