コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラフカミキリ

百科事典マイペディアの解説

トラフカミキリ

カミキリムシ科の甲虫の1種。体長25mm内外,黄褐色で黒いしま模様があり,一見スズメバチに似る。日本全土,朝鮮,中国,台湾に分布幼虫クワの幹を食べる害虫成虫は夏に出現する。トラカミキリ類は触角が短く,前胸が丸く,よく似た斑紋をもち,日本にも多くの種類がいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のトラフカミキリの言及

【トラカミキリ】より

…花に飛来し花粉を食べるものも多い。トラフカミキリXylotrechus chinensisは,一見,スズメバチ類に似ているので擬態の好例とされる。体長15~25mm。…

※「トラフカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トラフカミキリの関連キーワードカミキリムシ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android