コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラヤヌス帝記念柱 トラヤヌスていきねんちゅうColonna di Traiano

1件 の用語解説(トラヤヌス帝記念柱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラヤヌス帝記念柱
トラヤヌスていきねんちゅう
Colonna di Traiano

ローマのトラヤヌス帝がドナウ川辺境のダキア人を征服したのを記念して,106~113年にローマフォールムに立てたパロス大理石ドーリス式円柱。高さ約 38m (台座を含む) ,柱身直径約 3.9m。柱身表面には帝によるダキア人征服の2つの戦役の諸場面を表現した約 2500人の人物,多くの馬,建築,要塞,風景などの薄浮彫が 23回転の螺旋レリーフ状に施されている。円柱頂部には最初帝の立像が立っていたが,1588年に聖ペテロのそれに置き換えられた。方形の台座中には帝の遺骨が納められていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone