コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリブツム トリブツム tributum

1件 の用語解説(トリブツムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリブツム
トリブツム
tributum

古代ローマ国家に個人が納入した直接税。前 167年までローマ市民はトリブツムを納入する義務を負ってはいたが,非常の場合にのみ徴集され,また払戻されることもあった。前 167年以後はトリブツムは属州 (プロウィンキア ) に課せられる直接税を意味し,地租と財産税より成り,属州の住民にはローマ市民と非市民とを問わず課せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリブツムの関連キーワードグラックススキピオローマ帝国ローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言アエミリウス・パウルスクリア(古代ローマ)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone