コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリブツム tributum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリブツム
tributum

古代ローマ国家に個人が納入した直接税。前 167年までローマ市民はトリブツムを納入する義務を負ってはいたが,非常の場合にのみ徴集され,また払戻されることもあった。前 167年以後はトリブツムは属州 (プロウィンキア ) に課せられる直接税を意味し,地租と財産税より成り,属州の住民にはローマ市民と非市民とを問わず課せられた。ただイタリア権をもつローマ植民市 (コロニア ) の市民や特例の市民は免除された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android