コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産税

7件 の用語解説(財産税の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

財産税

小泉政権で検討されたと噂のあった税制。詳細は明らかではないが、個人の所有する一定額の預金などに課税することが考えられる。導入には世論の反発が予想され、実現に向けたハードルは高い。日本では昭和21年、戦後処理の財政不足を補うため、10万円以上の財産を所有する個人に課税する財産税が導入されたことがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざいさん‐ぜい【財産税】

財産を所有しているという事実に対して課される租税相続税固定資産税など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

財産税【ざいさんぜい】

納税者が財産を所有しているという事実に課される税。税源が財産自体にあるものを実質的財産税(資本課徴),所得にあるものを名目的財産税という。日本では相続税や財産税(1946年のみ)は前者に,固定資産税富裕税(1950年―1953年)は後者に属する。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざいさんぜい【財産税 property tax】

納税者が財産を所有しているという事実に着目して課される税をいう。所得がフローの概念であるのに対して,財産はストックの概念であり,ある特定時点において個人あるいは法人の納税者の所有している財産の価値が,財産税の課税標準を形成する。今日では納税者の担税力の指標として所得をとるのが一般的であるが,所得額に関して同等ならば,財産額の多い納税者のほうが担税力が高いとする考え方も広く受け入れられており,フローに対する税を補完する税として,財産税は重要な位置を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざいさんぜい【財産税】

財産・資本を所有している事実に課される租税。所有者の総財産に課税する一般財産税と、相続税・贈与税・固定資産税などの特別財産税に分かれる。
富の再配分を目的として、1946年(昭和21)3月3日の時点で個人が有していた財産に対して課された国税。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産税
ざいさんぜい

財産または資本を所有する事実に基づいて課せられている税。これには財産 (資本) から支払われる実質的財産税 (資本課徴) と,一応は財産を租税客体としながらも事実上財産所有者の所得から支払われる名目的財産税があるが,今日では相続税や贈与税などほとんどが名目財産税である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財産税
ざいさんぜい

納税者が財産を所有しているという事実に着目して課される税。経済的に重要な概念上の区別がフローとストックの間になされるが、財産税はストックに対する税であり、フローである所得などと同じく、ストックである財産も担税力を有すると一般に考えられている。
 財産税は特定の財産を課税物件として物税の形で課することもできるし、一個人の財産価値を合計して人税として課することもできる。わが国の地方税の固定資産税や都市計画税、特別土地保有税、自動車税、軽自動車税などは前者の例であり、おのおのの形態の財産の所有に担税力をみいだしている。後者の例としては、シャウプ税制勧告に基づいて1950年(昭和25)から短期間実施された富裕税(1952年限りで廃止)や相続税(1953年に改正)などがある。
 わが国の固定資産税や、イギリスのレートrates、アメリカのプロパティ・タックスproperty taxなどは、いずれも地方財政の財源として重要な存在となっている。これらは、土地、家屋、工場や固定資本設備を課税物件とするものであり、地方公共団体間の移動が少ないことと、収入の安定性などの性格のゆえに、地方税として適当なものと考えられている。課税標準には、財産の価値評価額をとる場合と、イギリスのレートのようにそれの生み出す賃貸価値をとる場合とがある。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財産税の関連キーワード所有更生/決定収得税中産取戻権納税管理人納税者納税通知書支配力基準権利能力なき社団・財団

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

財産税の関連情報