コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルコ絨毯 トルコじゅうたんTurkish carpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルコ絨毯
トルコじゅうたん
Turkish carpet

トルコ,アルメニア地方で作られた絨毯。小アジア・カーペットともいう。セルジューク朝時代 (11~14世紀) よりカーペット産業が発達していたことが推察されるが,大きな発展をとげたのはオスマン時代であった。織り方は平織のキリム絨毯ノット (緯糸経糸に回してからめる) 式のものがあるが,ノットはペルシアのノットより複雑なものが多い。デザインは一般に幾何学図文や幾何学的動植物文が使われ,縁どりにクーファ体 (クーファ文字) のアラビア文字を装飾的に配置したものもある。地の色は赤,紺が多く,文様には黄,緑,淡青色などが使われている。ヨーロッパで一般に小アジア・カーペットをホルバイン・カーペットと呼んだが,それは,ホルバインやその流派の画家たちがこのカーペットを好んで背景として描いたためである。主要産地はベルガマ,ウシャククルシェヒル,コンヤ,シバスなど。素材は緯糸は主として羊毛,経糸は木綿が一般的。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トルコ絨毯の関連キーワードトランシルバニア・カーペット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トルコ絨毯の関連情報