トルーロー(読み)とるーろー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルーロー
とるーろー
Truro

カナダ、ノバ・スコシア州中部の港湾都市。ミナス湾奥深くに位置する。人口1万1457(2001)。12世紀後半に建設され、1755年までアカディア最大の町として繁栄した。ハリファックスの北北東86キロメートルに位置し、鉄道交通の要地でもある。製粉、衣料、乳製品、木材、印刷などの軽工業が盛んである。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトルーローの言及

【コーンウォール】より

…シリー諸島を含めて面積3546km2,人口48万3000(1995)。州都はボドミンBodminだが,行政機関はトルーローTruroにある。大西洋とイギリス海峡にはさまれたコーンウォール半島に位置し,グレート・ブリテン島最西端のランズ・エンド岬と最南端のリザード岬がある。…

※「トルーロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android