トレス・ガルシア(英語表記)Joaquín Torres García

世界大百科事典 第2版の解説

トレス・ガルシア【Joaquín Torres García】

1874‐1949
ウルグアイの画家。カタルニャ人を父にモンテビデオで生まれ,バルセロナで教育を受け,同地で工房を開く。本のイラスト,教会装飾,ガウディの作品への協力,子どものための絵画教育実験学校を主催するなど,40歳ころにはバルセロナ文化人の中心として活躍。1910年から32年までパリ在住。モンドリアンら当時の前衛画家たちとの交流に刺激され,さまざまな絵画様式を研究,この時期に1500点以上の作品を残す。32年にウルグアイへ帰り,構成主義美術協会や工房を設立し,数多くの講演会や個展を催し,5冊の著作と壁画作品多数を残すなど,芸術の後進地帯だったラ・プラタ地域の啓蒙に尽力した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android