コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレビラヌス Gottfried Reinhold Treviranus

世界大百科事典 第2版の解説

トレビラヌス【Gottfried Reinhold Treviranus】

1776‐1837
ドイツの動物学者。ブレーメンに生まれ,ゲッティンゲンで医学を学び,故郷に帰った。彼は,ドイツの自然哲学の影響を受け,生命現象に関する理論的体系をつくろうと試みて,ドイツ語圏で生物学Biologieという学問分野を唱道した最初の一人である。また動物の解剖学的・顕微鏡的研究をも行い,細胞が生命の基本単位であるとする考えをも述べている。しかし,自然哲学の枠内にあったため,進化論的な発想はない。弟のLudolph Christian T.(1779‐1864)は植物学者である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トレビラヌスの関連キーワードアメリカ史チュルゴー蕪村コンスタブルゴローブニン上田秋成ゴローニングアテマラトロピーニンアトウッド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android