横山(読み)ヨコヤマ

デジタル大辞泉の解説

よこ‐やま【横山】

起伏が少なく横に連なっている
「赤駒を山野にはかし捕りかにて多摩の―徒歩(かし)ゆか遣(や)らむ」〈・四四一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よこやま【横山】

横たわる山。横に長く続いた山。 「 -の如くうち積み置きて/祝詞 祈年祭

よこやま【横山】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よこ‐やま【横山】

[1] 〘名〙
① 横たわっている山。起伏が少なく横に並んで連なっている山。長く続いている丘陵。
※万葉(8C後)一・二二・題詞「十市皇女参赴於伊勢神宮時、見波多横山巖吹芡刀自作歌」
和船の表垣立または矢倉正面の扣(ひかえ)、つまり両舷の唐階立(からかいたつ)の上に渡す梁材。一般に、唐階(からかい)といい、表の笠木ともいう。
[2] 謡曲。四番目物。観阿彌作。番外曲。零落して妻と不遇な生活を送っている武蔵国の横山十郎晴尚のもとに、かつて鎌倉で知りあった遊女初雪が訪れる。晴尚は現在の境涯を恥じて会わないが、妻のはからい酒宴を開くこととなる。折から鎌倉に訴訟に行っていた者が領地安堵の文を携えてもどる。草刈。

よこやま【横山】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

横山
よこやま

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
延宝5.10(江戸・前島次郎兵衛芝居)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横山の関連情報