コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレード・アドバタイジング trade advertising

1件 の用語解説(トレード・アドバタイジングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

トレード・アドバタイジング【trade advertising】

卸売業者や小売業者がそれぞれの顧客に製品を転売することを促進するために企画された消費財広告。1つの例として、食料品店マネージャに対してコカ・コーラ販売促進するために「プログレッシブ・グローサー(スーパーマーケットなど食品雑貨店向けの雑誌)」のような業界誌に掲載されているコカ・コーラの広告があげられる。トレード広告の主な目的は、広告されている製品の流通を拡大することにある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレード・アドバタイジングの関連キーワードプッシュ戦略伝統的流通チャネル再販売価格維持契約仕入1段階チャネル2段階チャネル3段階チャネル小売業者ホールセラー流通業者

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone