コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コカ・コーラ The Coca-Cola Co.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コカ・コーラ
The Coca-Cola Co.

アメリカの世界最大の清涼飲料メーカー。 1886年アトランタの薬剤師 J.ペンバートンがコカ・コーラを発明したのが始りで,1919年現社を設立,コーラ飲料一本で伸びてきた。しかし 58年に非コーラ飲料のファンタを発売,その後スプライトなどソフト・ドリンクの種類をふやし,60年以降コーヒーメーカーを買収して非清涼飲料分野にも進出した。 70年には水処理の中堅企業アクア・ケムを買収して,公害防止産業分野にも参入,多角化した。ほかに紅茶,冷凍濃縮ジュース,コーヒー沸し器などを扱う。世界各地に原液生産工場をもち,そこで製造した原液を傘下または独立系のボトラーズに供給,販売面ではフランチャイズ制を確立して 130ヵ国以上に強力な販売網を張りめぐらし,世界市場を席捲。日本には子会社日本コカ・コーラ,コカ・コーラ日本総合研究所があり,ボトリング会社もある。年間売上高 188億 6800万ドル,総資産 169億 4000万ドル,従業員数2万 9500名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コカ・コーラ

米コカ・コーラ社(The Coca-Cola Co.,1919年設立)製の清涼飲料。1886年,ジョージア州アトランタで製造が開始された。コカノキの葉(コカインは除去)とコーラの種子の抽出液を主原料とした代表的なコーラ飲料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コカ・コーラ

日本コカ・コーラ株式会社が販売する炭酸飲料のブランド、またその商品名。アメリカのザ コカ・コーラ カンパニーが1886年に発売。シリーズはほかに糖分・保存料・合成香料ゼロの「コカ・コーラ ゼロ」、更にカフェインゼロの「コカ・コーラ ゼロフリー」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コカ・コーラ
こかこーら
The Coca-Cola Co.

アメリカの飲料品メーカー。コーラ・ナッツ(コーラノキの種子)の抽出液を主原料とする発泡性の清涼飲料コカ・コーラを主力商品とし、コーヒー、紅茶、食品なども広く扱う。コカ・コーラとは19世紀末にジョージア州アトランタの薬剤師ペンバートンJohn S. Pemberton(1831―1888)が、偶然の機会からつくりだした水溶液につけられた名称で、コカ・コーラの商標が初めて用いられたのは1886年のことであった。大々的に売り出されたのは、アトランタの薬剤師キャンドラーAsa Griggs Candler(1851―1929)が製造権を2300ドルでペンバートンより譲り受けてからのことである。彼はコカ・コーラの生産・販売を免許制にし、その店にだけ原液を卸すというフランチャイズ方式により、販売量を増やしていった。
 2代目社長のウッドラフRobert Woodruffは、第二次世界大戦とともに世界各地に派兵されたアメリカ兵にコカ・コーラを供給する名目で、コカ・コーラの現地生産工場をつくった。こうしたことからコカ・コーラは、アメリカ文明の象徴であると同時に、「アメリカ帝国主義」の先兵ともみなされ、世界中にアメリカ文明が浸透していくようすを表現するコカコラニゼーションcocacolanizationということばすら生み出された。1994年には全世界の清涼飲料の販売量において過去最高の46%のシェアを占めた。現在でも、コカ・コーラ社がソフトドリンクの原液・シロップを製造し、これを独立系、あるいは傘下のボトラーが飲料に加工してその販売を行う。うち最大のボトラーであるコカ・コーラ・エンタープライジーズCoca-Cola Enterprises Inc.は、コカ・コーラ社が株式の35%を保有する傘下子会社である。コカ・コーラ社の2008年の売上高は319億4400万ドル、純利益は58億0700万ドルに上る。同社製品は世界の200か国以上で販売され、主要ブランドはコカ・コーラのほかにファンタ、スプライトなどがある。
 日本では、コカ・コーラは1914年(大正3)高村光太郎の処女詩集『道程』に早くも登場、1919年、東京の明治屋が初めて輸入し、売り出した。第二次世界大戦後の1946年(昭和21)、コカ・コーラは日本にアメリカ占領軍とともに再登場。1957年、日本飲料工業(現、日本コカ・コーラ)が設立され、東京で発売されたのが最初である。ペプシコによるペプシ・コーラなどほかのコーラ、さらには別種の清涼飲料の追撃を受けてはいるが、コカ・コーラの地位は当分、揺るぎそうもない。[佐藤定幸]
『E・カーン著、大庭忠男訳『ビッグ・ドリンク コカ・コーラ式商法』(1965・至誠堂) ▽M・ペンダグラスト著、古賀林幸訳『コカ・コーラ帝国の興亡』(1993・徳間書店) ▽河野昭三・村山貴俊著『神話のマネージメント――コカ・コーラの経営史』(1997・まほろば書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コカ・コーラの関連キーワードジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ砂糖不使用ジョージア エメラルドマウンテン ブレンド カフェオレジョージア エメラルドマウンテン ブレンド ブラックジョージア エメラルドマウンテン ブレンド 微糖ジョージア まろやかミルクのホットなカフェオレ紅茶花伝 苺ミルフィーユ ロイヤルミルクティービストローネ セレクト ポテト・アンド・チーズイリー イッシモ エスプレッソ(ブラック無糖)紅茶花伝 ロイヤルミルクティー クオリティージョージア 贅沢ミルクのホットなカフェオレビストローネ セレクト コーン ポタージュ紅茶花伝 ショコラ ロイヤルミルクティー紅茶花伝 スパークリングティーロワイヤルジョージア ヨーロピアン コクのブラック紅茶花伝 薫る桜 ロイヤルミルクティージョージア ヨーロピアン コクの超微糖ジョージア ヨーロピアン ヴィンテージジョージア ヨーロピアン コクの微糖カナダドライ カシスジンジャーエールビストローネ セレクト トマトバジル

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コカ・コーラの関連情報