コカ・コーラ(読み)こかこーら(英語表記)The Coca-Cola Co.

日本大百科全書(ニッポニカ)「コカ・コーラ」の解説

コカ・コーラ
こかこーら
The Coca-Cola Co.

アメリカの飲料メーカー。コーラ・ナッツ(コーラノキ種子)を主原料とする発泡性の清涼飲料コカ・コーラを主力商品とし、コーヒー、紅茶、食品などを広く扱う。世界200か国以上で販売され、主要ブランドはコカ・コーラのほかファンタ、スプライトなど。本社はジョージア州アトランタ。ニューヨーク証券取引所とナスダックに上場、ダウ工業株30種平均の採用銘柄である。

 コカ・コーラとは19世紀末、アトランタの薬剤師ペンバートンJohn S. Pemberton(1831―1888)が偶然つくりだした水溶液の名で、1886年に初めてコカ・コーラの商標が用いられた。1888年にアトランタの薬剤師キャンドラーAsa Griggs Candler(1851―1929)がペンバートンからコカ・コーラの製造販売権を2300ドルで買収。コカ・コーラ社(The Coca-Cola Company)を設立し、生産・販売を免許制とし、その店だけが原液を瓶詰めして販売できるフランチャイズ方式で販売量を増やした。独特のロゴとくびれたボトルの採用や、原液製造法を秘伝とするトレード・シークレット戦略をとり、アメリカ全土の鉄道網整備にあわせて全米に普及した。投資家のE・ウッドラフErnest Woodruff(1863―1944)は1919年にキャンドラー家からコカ・コーラ社を買収。息子で2代目社長のR・ウッドラフRobert Woodruff(1889―1985)はモータリゼーションにあわせた大規模な宣伝戦略をとり、自動販売機と冷蔵庫の普及もあって売上げを伸ばした。第二次世界大戦では世界で戦うアメリカ兵へコカ・コーラを供給する名目で世界各地に工場を整備し、国際的な製造・販売網を確立した。第二次世界大戦から冷戦期にかけて、コカ・コーラはアメリカ大衆文化や資本主義の象徴であり、世界中にアメリカ文明が浸透するさまを表現するコカコラニゼーションcocacolanizationということばを生んだ。1994年に全世界の清涼飲料販売量の46%という過去最高のシェアを占めた。2018年の売上高は318億5600万ドル、純利益は64億3400万ドル。飲料市場の成熟化で、売上高は過去10年ほぼ横ばいで、傘下ボトラー(瓶詰め会社)の再編を世界的に進めている。

 日本では、コカ・コーラは1914年(大正3)高村光太郎の処女詩集『道程』に早くも登場し、1919年、東京の明治屋が初めて輸入・販売した。第二次世界大戦後の1946年(昭和21)、コカ・コーラは日本にアメリカ占領軍とともに再登場。1957年、日本飲料工業(現、日本コカ・コーラ)が設立され、東京で発売された。ピーク時には北海道から沖縄まで17社のボトラーが存在したが、市場成熟化と少子高齢化で日本国内でも売上高は伸び悩み、製造・販売の効率化のため1999年(平成11)からボトラーの再編が進み、2018年(平成30)に5社体制に集約された。

[矢野 武 2019年12月13日]

『E・カーン著、大庭忠男訳『ビッグ・ドリンク――コカ・コーラ式商法』(1965・至誠堂)』『M・ペンダグラスト著、古賀林幸訳『コカ・コーラ帝国の興亡』(1993・徳間書店)』『河野昭三・村山貴俊著『神話のマネジメント――コカ・コーラの経営史』(1997・まほろば書房)』『カス・センカー著、稲葉茂勝訳、こどもくらぶ編『知っているようで知らない会社の物語 コカ・コーラ』(2014・彩流社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コカ・コーラ」の解説

コカ・コーラ
The Coca-Cola Company

アメリカ合衆国の世界最大級の清涼飲料メーカー。1886年アトランタの薬剤師ジョン・S.ペンバートンがコカ・コーラを発明したのが始まり。ペンバートンは,コカの葉から抽出したコカインコーラノキの実(コーラナッツ)から抽出したカフェインが豊富な抽出物をもとにしたものを強壮剤として販売していた。ペンバートンの簿記係だったフランク・M.ロビンソンがそれを「コカ・コーラ」と名づけ,のちに商標登録されることになる製品のロゴマークを書いた。コカインは 1903年頃に除かれ,ペンバートンはその原液を地元のソーダファウンテン(炭酸飲料水を置く喫茶店)に販売して大成功を収めた。1892年,エイサ・G.キャンドラーがこの事業の権利を獲得して現社設立。キャンドラーのもとでコカ・コーラの原液生産量は 10年間で 40倍増,原液生産工場はダラス,ロサンゼルス,フィラデルフィアに設立され,製品の販売域も全米はもとよりカナダにも広がった。1899年,コカ・コーラをびんに詰めるボトリング会社(ボトラー)と最初の契約を交わす。1919年,アトランタの実業家アーネスト・ウッドラフが率いる投資家グループに売却される。1958年に非コーラ飲料のファンタを発売,その後スプライトなどソフトドリンクの種類を増やし,1960年以降コーヒーメーカーを買収して非清涼飲料分野にも進出した。1970年には水処理の中堅企業アクア・ケムを買収して,公害防止産業分野にも参入,多角化した。世界各地に原液生産工場をもち,そこで製造した原液を傘下または独立系のボトラーに供給,販売面ではフランチャイズ制を確立して強力な販売網を張りめぐらし,世界市場を席捲した。日本には原液の製造販売を行なう日本コカ・コーラ,製品の製造販売を担うボトラー各社・関連会社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「コカ・コーラ」の解説

コカ・コーラ

米コカ・コーラ社(The Coca-Cola Co.,1919年設立)製の清涼飲料。1886年,ジョージア州アトランタで製造が開始された。コカノキの葉(コカインは除去)とコーラの種子の抽出液を主原料とした代表的なコーラ飲料。第2次大戦中,米軍とともに世界に広まった。生産の大半は原液で輸出され,約200ヵ国のボトラーから発売されている。日本法人・日本コカ・コーラは,米コカ・コーラ社の全額出資子会社として1957年に設立。日本資本の17ボトラーへ原液を販売している。本社東京。1997年資本金36億円。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「コカ・コーラ」の解説

コカ・コーラ

日本コカ・コーラ株式会社が販売する炭酸飲料のブランド、またその商品名。アメリカの コカ・コーラ カンパニーが1886年に発売。シリーズはほかに糖分保存料・合成香料ゼロの「コカ・コーラ ゼロ」、更にカフェインゼロの「コカ・コーラ ゼロフリー」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android