コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロピン tropine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロピン
tropine

アトロピンの加水分解物として重要。吸湿性がある。融点 63℃,沸点 233℃。水,アルコール,エーテルなどに可溶。無水エーテルから無色板状晶として晶出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トロピンの関連キーワード下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン市販の妊娠検査薬の作用のしくみじゅう(絨)毛性ゴナドトロピンプロオピオメラノコルチンヘキサメチレンテトラミンメラノサイト刺激ホルモンメラニン細胞刺激ホルモン下垂体性腺刺激ホルモン胎盤性性腺刺激ホルモン副腎皮質刺激ホルモン色素細胞刺激ホルモン甲状腺刺激ホルモン黄体形成ホルモン副交感神経遮断剤泌乳刺激ホルモン副交感神経遮断薬性腺刺激ホルモン脂肪動員ホルモン

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android