トーチヤ(土家)族(読み)トーチヤぞく(英語表記)Tu-jia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーチヤ(土家)族
トーチヤぞく
Tu-jia

中国湖南省の北西部に主として居住する少数民族。人口約 590万 (1990) 。シヤンシートーチヤ (湘西土家) 族ミヤオ (苗) 族自治州が設立されている。言語はチベット=ビルマ語族に属する。この地域に古くから住んでいたようで,のちに来たミヤオ族や漢民族に対し,ワッカ (漢語で土家,地元の人の意) と自称する。明代には,勇敢な戦士として各地の戦いに参加したが,清代には被差別民として苦しい生活をおくったといわれる。けわしい山岳地帯で,棚田や畑を開き,水稲,とうもろこし,さつまいもなどを栽培する。長い間漢民族と接触していたので,生活の多方面で漢化が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android