戦士(読み)せんし

精選版 日本国語大辞典「戦士」の解説

せん‐し【戦士】

〘名〙
① いくさをする人。戦場で戦う兵士。つわもの。
平治(1220頃か)上「血を含みかさを吃て戦士をなでしかば、心は恩の為につかへ、命は義によってかろかりければ」 〔史記‐衛青伝〕
第一線で活躍している人。特にある運動に活躍する人。
破戒(1906)〈島崎藤村〉一「新しい思想家でもあり戦士でもある猪子蓮太郎といふ人物が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「戦士」の解説

せん‐し【戦士】

戦場で戦う兵士。つわもの。「無名戦士
第一線で活躍する人。主義や信念のために活躍する人。「プロレタリア戦士」「企業戦士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android