コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウラターバーディー Yaḥyā Doulatābādī

1件 の用語解説(ドウラターバーディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドウラターバーディー【Yaḥyā Doulatābādī】

1863‐1939
近代イランの文化・教育活動家,詩人,文筆家。イスファハーン郊外のドウラターバード村にアザリー派バーブ教徒の子として生まれ,ナジャフマシュハドに遊学後,テヘランで啓蒙教育活動に専心。初の新方法学校サーダート学院を設立。イラン立憲革命期の第2議会,1924‐25年の第5議会のケルマーン州選出議員を務める。自伝《同時代史Tārīkh‐e Mo‘āṣer》(別名《ヤフヤーの生涯》)は,立憲革命史を中心とするイラン近・現代史の貴重な一次史料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドウラターバーディーの関連キーワードイラン高原クーベルタンゾロアスターイランのクルドイランイラク戦争イランイランパルティアイラン語鷲羽山ハイランドイランの難民

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone