コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウラターバーディー Yaḥyā Doulatābādī

1件 の用語解説(ドウラターバーディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドウラターバーディー【Yaḥyā Doulatābādī】

1863‐1939
近代イランの文化・教育活動家,詩人,文筆家。イスファハーン郊外のドウラターバード村にアザリー派バーブ教徒の子として生まれ,ナジャフマシュハドに遊学後,テヘランで啓蒙教育活動に専心。初の新方法学校サーダート学院を設立。イラン立憲革命期の第2議会,1924‐25年の第5議会のケルマーン州選出議員を務める。自伝《同時代史Tārīkh‐e Mo‘āṣer》(別名《ヤフヤーの生涯》)は,立憲革命史を中心とするイラン近・現代史の貴重な一次史料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドウラターバーディーの関連キーワード恐怖映画日活(株)中島名左衛門戦争文学緑簾石角閃岩相DA40電気事業売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone