専心(読み)センシン

デジタル大辞泉の解説

せん‐しん【専心】

[名](スル)心を一つのことにだけ集中すること。専念。副詞的にも用いる。「専心努力する」「事業に専心する」「一意専心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんしん【専心】

( 名 ) スル
研究・学問などに心を集中させ、熱心に行うこと。副詞的にも用いる。 「学問に-する」 「一意-」 〔類義の語に「専念」があるが、「専念」は一つの物事だけに力を尽くす意を表す。それに対して「専心」は特に研究・学業などに熱心に打ち込む意を表す〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐しん【専心】

〘名〙 心をひとつの物事に集中すること。他に心を移さないで励むこと。専念。副詞的にも用いる。
往生要集(984‐985)大文三「先於此仏。専心称念。三昧易成」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「専心に書を読み、字を作ることを習ひ」 〔孟子‐告子・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専心の関連情報