専心(読み)せんしん

精選版 日本国語大辞典「専心」の解説

せん‐しん【専心】

〘名〙 心をひとつの物事に集中すること。他に心を移さないで励むこと。専念。副詞的にも用いる。
※往生要集(984‐985)大文三「先於此仏。専心称念。三昧易成」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉六「専心に書を読み、字を作ることを習ひ」 〔孟子‐告子・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専心」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「専心」の解説

【専心】せんしん

心を集中する。〔孟子、告子上〕今夫(そ)れ(えき)()の數爲(た)る、小數(瑣末な事)なれども、專心致志せざれば、則ち得ざるなり。

字通「専」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android