ドゴール広場(読み)ドゴールヒロバ

大辞林 第三版の解説

ドゴールひろば【ドゴール広場】

パリ市の西部にある広場。中心の凱旋がいせん門からシャンゼリゼ通りを含む一二本の大通りが放射状にのびている。旧名はエトワール広場で、1970年ドゴール将軍を記念して改称。シャルル=ドゴール広場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android