エトワール凱旋門(読み)エトワールガイセンモン

大辞林 第三版の解説

エトワールがいせんもん【エトワール凱旋門】

パリのドゴール広場(旧称エトワール広場)にある古代ローマの様式を模した凱旋門。1836年に完成。ナポレオン一世のフランス軍隊をたたえるために建設された。高さ50メートル、幅45メートルの巨大な新古典主義建築の代表作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エトワール‐がいせんもん【エトワール凱旋門】

(L'Arc de Triomphe de l'Etoile の訳語) パリのド=ゴール広場(エトワール広場)にある大きな凱旋門。ナポレオン一世が戦勝を記念するためシャルグランに設計させ、一八三六年に完成。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報