コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴール Gall

翻訳|Gall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴール
Gall

[生]1840頃.サウスダコタ
[没]1894.12.5. サウスダコタ,オーククリーク
アメリカインディアン,スー族族長。 1876年6月 25日リトルビッグホーンの戦いを指揮し,G.カスター中佐を戦死させたが,81年以降白人と友好を保ち,インディアンの犯罪に関するインディアン監督官裁判所の判事となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴール(Gaul/〈フランス〉Gaule)

ガリア

ゴール(goal)

[名](スル)
競技の決勝線。決勝点。「ゴール直前のデッドヒート」「ゴールに達する」
ラグビー・サッカー・ホッケーなどで、ボールを入れると得点になる枠。また、そこにボールを入れて得点すること。「ペナルティーゴール
努力などの目標点。最終目的。「入学というゴールを目ざしてがんばる」
ゴールイン」の略。「2着でゴールする」

ゴール(Galle)

スリランカ南部の都市。コロンボ南東約120キロメートルに位置し、インド洋に面する。古くから港が開かれ、アラブ人貿易の拠点を置いた。16世紀末にポルトガルが砦を築き、17世紀半ばにオランダの支配下に置かれ、堅固な城壁に囲まれた城塞都市となった。植民地時代の街並みが残り、1988年に「ゴールの旧市街と要塞」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。ガッラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴール

スリランカ南西端,インド洋岸の港湾都市ガルとも。茶,ゴム,ヤシ油の輸出港である。16世紀にポルトガル領となり,1640年オランダ領,1802年英領。コロンボ港建設(1885年)後衰退。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ゴール【goal】

( 名 ) スル
競走・競泳などで、着順の決まる一番最後の地点。決勝点。
サッカー・バスケットボール・ラグビーなどで、ボールを入れ得点すること。また、その得点となる一定の枠内。
駒を進めて着順を競うゲームの終着点。上がり。
最終的な目標点。 「学問に-はない」

ゴール【Gaul】

ガリア

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴール
ごーる
Galle

スリランカ南西岸、インド洋に臨む港市。シンハラ語ではガレとよぶ。コロンボの南約100キロメートルに位置する。人口9万0934(2001)。9世紀ごろから港町として栄え、1598年ポルトガルが支配し、1643年にはオランダが奪取して要塞(ようさい)をつくるなど、セイロン島第一の港湾都市であったが、のちコロンボにその地位を譲った。沿岸漁業は南西季節風が卓越する6~8月には風浪のため低調で、付近の漁民は東岸のバティカロア方面に移る。セメント工場があるほか海水浴場など観光資源に富む。コロンボ―マタラ間の鉄道が通じる。旧市街と要塞は1988年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[吉野正敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴールの関連キーワードgoal performanceパリ・シャルル・ド・ゴール空港シャルル・ド・ゴール空港スリーポイントシュートゴールセレブレーションline soccerコンバージョンゴールギャルトンの退行法則コンバージョンキックガルトンの退行法則ペナルティーマークペナルティーエリアペナルティーゴールデッドボールライン大川市のゴール事故ギャルトンの法則ゴールインマークオフサイドラインド・ゴール空港ガルトンの法則

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴールの関連情報