コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドップラー法 ドップラーホウ

1件 の用語解説(ドップラー法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドップラー‐ほう〔‐ハフ〕【ドップラー法】

Doppler method超音波検査法の一種。体内で移動している対象物に超音波をあて、その移動速度を測定するのに用いられる。血流速度の計測・胎児心音や胎動の検出などに汎用されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドップラー法の言及

【心エコー図】より

…超音波とは周波数2万Hz以上の音であり,超音波のもつ,(1)直進性,(2)音響インピーダンスの異なる二つの媒質の境界面で反射される,という二つの特性を利用して,心臓の弁,壁,膜および大血管の形態と運動を分析することができる。本法には,一次元的に心臓内各部の運動を表現するM‐モード法と,二次元的,すなわち心臓あるいは大血管を断層面でとらえる方法の二つがあるが,近年ではさらにこれらに加え,血流を波形表示するドップラー法が同時に行えるようになった。心エコー図法により,従来心臓カテーテル法など観血的診断法が必要であった先天性心疾患をはじめとするほとんどすべての心疾患を診断するにあたって,有力な情報を非観血的に提供できるようになった。…

【超音波画像診断】より

…X線透視のように生体内構造が実時間の動態画像として見られる。超音波ドップラー法では血流情報が得られる。装置は小型で可搬性も高く,安価である。…

※「ドップラー法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドップラー法の関連キーワード超音速機超音速流超音波超音波断層法超音波探傷器超音波診断法超音波検査法超音波処理超音波ホモジナイザー和賀井敏夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドップラー法の関連情報