コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児心音 たいじしんおんfetal heart sounds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児心音
たいじしんおん
fetal heart sounds

児心音ともいう。この心音がはっきり聞き取れるのは,ほぼ妊娠5ヵ月の終り以後。数は1分間に 120~140で,母体の脈拍数と容易に区別できる。子宮内の胎児の姿勢が正常な場合は,胎児の背が子宮壁に接近した側の胎児心臓部の高さで,最もはっきり聞き取れる。超音波ドップラー装置を利用すると,心音を聞く前に心臓の運動を検出して,音に変化させることができる。マイクロホンを用いて連続的に心拍数を記録することもできる。心拍数のこうした経時的変化の記録を心拍数図と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいじしんおん【胎児心音 fetal heart sound】

胎児の心音,つまり心臓の鼓動音は,初産婦では妊娠20週ころ,経産婦では妊娠18週ころからトラウベ聴診器で聞くことができるようになる。しかし,陣痛発作のときには,こういう方法では聞こえないので,高性能のマイクロホンが利用されている。胎児心音はI音とII音から成り立っているが,成人の場合のようにI―II,II―I時間や,心雑音の有無による診断ではなく,胎児心拍数(リズム)を胎動(妊娠時)または陣痛(分娩時)と組み合わせた診断が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報