視線速度法(読み)シセンソクドホウ

デジタル大辞泉「視線速度法」の解説

しせんそくど‐ほう〔‐ハフ〕【視線速度法】

系外惑星探索法の一。主星周囲を公転する惑星によって生じる視線速度の周期的なふらつきを、主星が発するドップラー効果を観測することで、惑星の存在を間接的に確認する。トランジット法を採用するケプラー宇宙望遠鏡が登場するまで、同手法によりもっとも多くの惑星が発見された。ドップラー分光法ドップラー法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android