コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドナウ文化 ドナウぶんかDanubian culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドナウ文化
ドナウぶんか
Danubian culture

ヨーロッパ初期新石器文化の一つ。西南アジアで成立した新石器文化は周辺の地域に次第に浸透しはじめたが,西ヘ向った流れは,ギリシアなどの地域からドナウ川流域へ入り,ドナウ川沿いに,本流,支流を問わず広がっていった。農耕,牧畜,土器製作などの新しい文化要素がこの地の環境に適応しながら成立したのがドナウ文化で,農耕は小麦を中心とし,牛,羊などを飼育し,竪穴住居に住み,沈線文を主とした L.B.K.(Linear Band Keramik)と呼ばれる土器を製作していた。今日ではこの土器にちなみ L.B.K.文化と呼ばれることも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドナウ文化の関連キーワードケルン・リンデンタール遺跡

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android