コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪穴住居 たてあなじゅうきょ

7件 の用語解説(竪穴住居の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竪穴住居
たてあなじゅうきょ

大地を掘下げ,住居の床の部分を地表面より低くした,半地下式の住居をいう。主として新石器時代ヨーロッパアジアアメリカの各地で行われた。日本では,縄文時代早期から古墳時代までは普遍的に使われ,一部では近世にいたるまで続いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たてあな‐じゅうきょ〔‐ヂユウキヨ〕【×竪穴住居】

地面を数十センチ掘り下げた面を床とする半地下構造の家。日本では縄文時代弥生時代に盛んで、古墳時代以降しだいに消滅した。アジア・アメリカの寒冷地帯では最近まで使用。竪穴式住居

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竪穴住居【たてあなじゅうきょ】

家屋の床面を地表下に作った住居。地面に底面を平たんにした穴を掘り,上部に屋根を構築したもの。中石器時代にはヨーロッパ,新石器時代になると世界各地に見られ,日本では縄文(じょうもん)〜古墳時代の主要な住居形式であり,東日本では歴史時代まで使われた。
→関連項目阿久遺跡伊治城井戸尻遺跡群姥山貝塚久ヶ原遺跡釈迦堂遺跡縄文時代真福寺貝塚タルドノア文化中石器時代尖石遺跡堀之内貝塚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

竪穴住居

 家の床を地面に掘って作った建物です。炉やまわりに溝の掘ってある住居もありました。夏はすずしく、冬はあたたかいのですが、湿気が多かったようです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たてあなじゅうきょ【竪穴住居】

地面を直接掘りくぼめて床とし,そこへ屋根をかけた半地下式の住居。穴居生活の跡として考えられていた横穴に対して,1800年代の終りころに名付けられた。この種の住居は,夏は涼しく,冬は保温に富み暖かである利点がある反面,土間が湿潤になりやすい欠点がある。そこで,低地に設ける住居として,半地下式にするのではなく,地表を床面としてその床の周囲に土堤をめぐらせて水の流入を防ぎ,そこへ屋根を伏せた平地住居とも呼ばれるものも,ところにより採用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たてあなじゅうきょ【竪穴住居】

縄文・弥生・古墳時代に広く行われた住居形式。地面を数十センチメートル掘りくぼめ、屋根をかけたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竪穴住居
たてあなじゅうきょ

地面を円形や方形に数十センチメートル掘りくぼめて、垂直に近い壁や平らな土間(どま)の床をつくり、その上に屋根を架した半地下式の住居である。おもに考古学的調査で発見され、日本では旧石器時代から中世まで使われた主要な住居様式の一つである。一般的には、一辺あるいは径が数メートルで、床面積が20~30平方メートルの、一家族が住むのに適当な広さをもつ。内部には数本の柱穴(ちゅうけつ)のほか、炉(ろ)、かまど、貯蔵穴(けつ)、溝、工房などの付属施設や、時代や地域によっては埋甕(うめがめ)、石棒、石壇(せきだん)などの宗教的遺構が付随することもある。
 旧石器時代から縄文時代初頭にかけては、まだ移動生活が多く発見例は少ないが、縄文早期中ごろからは定住化が進み、とくに東日本を中心に竪穴住居は発展する。最盛期の縄文中期には、数世代にわたる100軒を超える竪穴住居群が環状集落を形成する遺跡も少なくない。なかには床面積が100平方メートルを超える大型住居、平石を敷き詰める敷石(しきいし)住居、宗教的遺構・遺物を多出するなどの一般住居以外の例もある。弥生(やよい)時代から古墳・奈良時代になると西日本でも普遍化し、平安時代にはプランが方形に、炉がかまどに統一されるなどして中世まで続く。
 夏涼冬暖という日本的風土に適した利点や、建て替えの容易さもあるが、多湿や上屋構造材の耐久度とか火災になりやすい難点もある。最近では建築学的な研究も進んでいるが、時代や地域による多様なその変化・変遷は今後の研究にまつ点が多い。[樋口昇一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竪穴住居の言及

【古代社会】より

…採取,狩猟および漁労などの労働は集団労働として行われており,この集団は特定の地域にかなりながく定着して居住するようになった。先土器時代の人々が,ほとんど住居跡らしいものを残さなかったのに対して,縄文時代の人々は竪穴住居からなる集落跡を多数残したのである。その竪穴住居は時期や地域によっても異なるが,6~12棟ぐらいで一つのグループをなし,それぞれのグループは環状につらなってつくられている。…

【住居】より

…北アジアから北西アメリカに見られる土で覆われ密閉された半地下式住居pit houseは,厳寒の冬への適応から生まれたものであり,その支柱や入口のつくり方にも積雪への配慮が認められる。一般に,竪穴住居は北の寒い地域に源をもつとされる。一方熱帯では,おおむね2通りの耐暑法が認められる。…

【縄文文化】より

…やや冷涼な気候をしのぐためであったという説もあるが,むしろ自然の狭い空間でまにあう規模の小集団であったこと,あるいは集団生活に空間的な間仕切りを必要としなかったことなどの社会的な意味が重要である。やがて早期になると地面を掘りくぼめて土間を作り,掘立柱構造に上屋を架けて四周に壁をめぐらした竪穴住居を台地上に営むようになる。竪穴住居を単位とする,例えば夫妻・子どもという核家族が,おのおの主体性をもちながら複数が寄り合って集落を形成したことを意味する。…

※「竪穴住居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竪穴住居の関連キーワード凹版凹目・窪目そこへ行くと空おぼめき掘割打ちおぼめく凹目凹める掘井戸掘り頸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竪穴住居の関連情報