ドナクス(英語表記)Donax cannaeformis (Forst.) Schum.

世界大百科事典 第2版の解説

ドナクス【Donax cannaeformis (Forst.) Schum.】

クズウコン科の低木状の多年草。高さ1~2mになり,は直立し上部で分枝する。葉は枝端部に互生し,葉身は長楕円形で長さは10~15cm,葉鞘(ようしよう)は発達し茎を抱く。花は茎頂のまばらな円錐花序につき,白色ミャンマーからマレーシア地域,さらにメラネシアまで広く分布し,水湿地に群生することが多い。より大型になるドナクス・グランディスD.grandis (Miq.) Ridl.(イラスト)はスマトラ,マレー,ボルネオに分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android