コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドバーラバティ美術 ドバーラバティびじゅつ

1件 の用語解説(ドバーラバティ美術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドバーラバティ美術【ドバーラバティびじゅつ】

7―10世紀ごろタイ中部で盛行したモン族の仏教美術。インド・グプタ朝文化の影響が濃厚。ドバーラバティ様式呼ばれる石・青銅造の仏立像は,美しいプロポーション肉付け,薄い衣などを特徴とし,民族色が濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のドバーラバティ美術の言及

【タイ】より

…いずれにせよ,この両者はともにインド美術からの影響を濃く受けている点で一致している。ドバーラバティ美術の特徴は,ドバーラバティ王国がおもに上座部仏教を信奉したため,釈尊の像だけがつくられたことである。それらはおもに石灰岩でつくられ,全体的な作風はインドのグプタ朝時代のサールナート美術の流れをくむものであった。…

※「ドバーラバティ美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドバーラバティ美術の関連キーワードコロタイプ立木仏フェロタイプごろたごろた石ステッキカセイ東ゴート族ゴロタタイの山岳民族

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone