ドビュッシー:ハイドンを讃えて/piano solo(読み)Hommage a Joseph Haydn

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ドビュッシー:ハイドンを讃えて/piano solo

1909年は、ハイドン没後100年目にあたり、フランス音楽雑誌SIM誌では、その記念号が特集された。そこで委嘱された作品が「ハイドンを讃えて」である。
ここでは、音名象徴の技法(アルファベットを音名に ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android