コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドン Haydn, Johann Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイドン
Haydn, Johann Michael

[生]1737.9.14. ローラウ
[没]1806.8.10. ザルツブルク
オーストリアの作曲家。 F.ハイドンの弟。 1745年以来,兄と同じくウィーンザンクト・シュテファン大聖堂の合唱児童として活躍し,63年 W.モーツァルトの故郷ザルツブルクの大司教ジギスムントの宮廷楽団に首席奏者として入る。 71年ジギスムントの死をいたみ,最初の重要な教会作品であるハ短調の『レクイエム』を作曲した。彼は終世ザルツブルクにとどまり,約 360曲に上る教会音楽を書き,多くの業績を残した。

ハイドン
Haydn, Franz Joseph

[生]1732.3.31. ローラウ
[没]1809.5.31. ウィーン
オーストリアの作曲家。音楽愛好家の車大工の子。 1740年聖シュテファン大聖堂の合唱児童に採用されウィーンに移った。 1749年変声期を迎えて聖堂を出てからは,生活のための苦労をしながらもしだいに音楽家としての道を開き,1759年ボヘミアのモルツィン伯爵に楽長兼作曲家として仕えた。 1761年アイゼンシュタットのハンガリー貴族エステルハージ家の副楽長に就任。 1766年から 1790年まで楽長を務め,多くの作品を残した。その後ロンドンで2度演奏会を開いて好評を博し,晩年は恵まれた生活を送った。ウィーン古典派の最も重要な作曲家の一人であり,器楽曲形式,特にソナタ形式の確立に貢献した。作品は 108の交響曲,83の弦楽四重奏曲オラトリオ天地創造』 (1798) および『四季』 (1801) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハイドン

古典派音楽様式の確立に大きく貢献したオーストリアの作曲家。7歳でウィーンのシュテファン聖堂児童合唱団員となったが,声変りのため16歳でやめ,その後約10年は安定した職を得られず放浪生活を送ったといわれる。
→関連項目ウィーンウェーバー驚愕交響曲弦楽四重奏サンマルティーニ四季(音楽)スタバト・マーテルチェロディッタースドルフドラティ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ハイドン

1.生涯と鍵盤音楽

フランツ[この名を自身は通常記さなかった]・ヨーゼフ・ハイドンは1732年3月31日に、現在の国境区分でいうとオーストリアの東のは ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイドン【Franz Joseph Haydn】

1732‐1809
オーストリアの作曲家。18世紀中葉から19世紀初めにかけて,音楽様式そのもの,あるいは社会における音楽のあり方が大きく変わる時代に生き,新しいいわゆる〈古典派〉様式の成立に最も重要な貢献をなし(古典派音楽),数多い傑作を残した。彼は存命中から声望高く,また彼の音楽が当時の音楽様式を代表するような模範的存在であったこともあって,彼の名をかたった偽作はことのほか多い。そのため作品の整理と作品全集の出版は困難をきわめ,1958年以来20世紀末の完結を目ざしてケルンのハイドン研究所が《ハイドン全集》の刊行に取り組んでいる。

ハイドン【Michael Haydn】

1737‐1806
オーストリアの作曲家。F.J.ハイドンの弟。1745年ころ,兄を追ってウィーンに出てシュテファン聖堂の聖歌隊員となる。57年にはグロースワルダイン(現,ルーマニアオラデヤ)の司教宮廷楽団楽長となった。63年ザルツブルクの大司教宮廷楽団のコンサート・マスターに任命され,以後同地で生涯を送った。モーツァルト父子と同僚であり,個人的にも親しく交流した。宗教的ジングシュピール《第一戒律の責務》は,W.A.モーツァルトとM.ハイドンとアドルガッサーA.C.Adlgasserの合作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハイドン【Franz Joseph Haydn】

1732~1809) オーストリアの作曲家。一八世紀後半のウィーン古典派を代表する一人。古典派の器楽曲の典型、特に第一楽章のソナタ形式を完成させた。交響曲・室内楽・器楽曲・オペラ・オラトリオなど多数の作品がある。作品「軍隊交響曲」、オラトリオ「天地創造」、弦楽四重奏曲「皇帝」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のハイドンの言及

【交響曲】より

…交響曲という不可侵の威厳が確立されていたわけでもなかった。交響曲は特定の聴衆の趣味や,演奏の目的・機会等のもろもろの現実的制約に従って構想された(例えばハイドンはエステルハージ侯家宮廷楽団のそのときどきの楽員構成に応じて作曲しなければならなかった)。同一作品ないし楽章が,別の機会のために換骨奪胎されて他の作品に転用されたり,セレナーデなど他のジャンルからの寄集めにすぎないものもあった。…

【古典派音楽】より

…狭義には1770‐1830年のハイドン,モーツァルト,ベートーベンを中心とする約60年間のウィーン古典派音楽をさす。このうちベートーベンは古典派音楽を完成しつつ次に来るロマン主義への志向を示している。…

【四季】より

… イタリアのベネト地方の田園生活の四季を歌いあげたソネットが付随する。(2)ハイドンの晩年のオラトリオ《四季Die Jahreszeiten》(1801) 台詞はスコットランドの詩人J.トムソンの原作をG.B.vanスウィーテン男爵がドイツ語に編作したもの。小作人シモン,娘ハンネ,若い農夫ルーカスを主人公に,合唱,管弦楽を駆使して,季節によって推移する田園の牧歌的情景と大地に根ざした生活の営みを歌い上げる。…

【室内管弦楽団】より

…小人数の奏者から成る演奏団体。〈管弦〉と訳されるが,実体は弦楽器のみの編成,弦楽器にチェンバロを加えた程度の編成の団体も多い。人数は一定しないが,弦楽器のみの場合の十数名から,管楽器を含む場合でも二十数名程度の団体が一般的である。バロック時代から,古典派初期までは,ほとんどこの程度の編成の団体がオーケストラと呼ばれていた。19世紀に入ってオーケストラはしだいに大型化し,19世紀末には巨大なものとなったが,20世紀に入ってから一種の反動として室内管弦楽団が復活した。…

【ソナタ】より

…盛期古典派では,交響曲と同様,舞曲楽章としてメヌエットが,さらにベートーベンではスケルツォが組み入れられ,4楽章のソナタも出現した。 作曲家としては,前古典派ではさまざまな楽派が独自の様式を形成していったが,とくにイタリアのG.B.サンマルティーニ,D.アルベルティ,L.ボッケリーニ,スペインで活躍し550を超える鍵盤ソナタを残したD.スカルラッティ,スペインのA.ソレル,ウィーンのG.C.ワーゲンザイル,マンハイムのJ.シュターミツ,北ドイツの多感様式の代表者フリーデマン・バッハ,ハイドンに影響を与えたエマヌエル・バッハ,J.G.ミュテル,パリのJ.ショーベルト,ロンドンで活躍し若いモーツァルトに影響を与えたJ.C.バッハ,そしてベートーベンに影響を与えたM.クレメンティらの名はよく知られている。盛期古典派では,クラビーア・ソナタの傑作群がハイドン(五十数曲),モーツァルト(25曲),ベートーベン(32曲)の3巨匠によって生み出された。…

【モーツァルト】より

…83年ザルツブルク帰郷を挟み,84年暮れにはフリーメーソン結社に加わる。このころハイドンにささげられた6曲の《ハイドン四重奏曲》やピアノ協奏曲などの力作,傑作が多数生み出されている。ニ短調の《ピアノ協奏曲》(第20番。…

【ロマン派音楽】より

…こののちロマン派の作曲家には,シューマン,リスト,ワーグナーをはじめとして,著述活動に携わる者が多く出た。ホフマンはハイドン,モーツァルト,ベートーベンの音楽に純粋なロマン主義の表れを認めた。とくにベートーベン(第3,第5,第6,第7,第9交響曲)はロマン派全体にとって偉大な模範となり,ロマン主義の理想像ともされたのであった。…

【トルコ行進曲】より

…モーツァルトの《ピアノ・ソナタ》(K.331)の第3楽章のトルコ行進曲は最も有名であるが,そのほかモーツァルトの《バイオリン協奏曲第5番》(K.219)もフィナーレにこの語法を取り入れている。また,M.ハイドンも付随音楽《ピエタス》(1767)にトルコ行進曲を含み,《ザイール》(1777)にもトルコ組曲が含まれている。ベートーベンにも《トルコ行進曲》と通称されるピアノのための《六つの変奏曲》作品76(1809)があり,その主題は,祝典劇《アテネの廃墟》作品113(1811)のトルコ行進曲にも用いられている。…

※「ハイドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイドンの関連キーワードラヴェル:ハイドンの名によるメヌエット/piano soloハイドン:アンダンテと変奏曲 ヘ短調/piano soloドビュッシー:ハイドンを讃えて/piano soloスミソニアン・チェンバー・プレイヤーズミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団聖アントニウスのコラールによる変奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉十字架上のキリストの最後の7つの言葉オーケストラ・リベラ・クラシカハレー・ストリング・カルテット〈ドイツ〉Palindromディアベッリ(ディアベリ)〈ラテン〉Allelujaオーセンティック四重奏団エステルハージ四重奏団〈ドイツ〉Merkurエスターハーズィー城リンゼイ弦楽四重奏団コダーイ弦楽四重奏団オペラ・オラトリオ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイドンの関連情報