コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドブルジャ Dobrudza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドブルジャ
Dobrudza

ルーマニア語ではドブロジア Dobrogea。ドナウ川下流部と黒海とにはさまれた地域の歴史的名称。北部はルーマニア領,南部はブルガリア領。主要都市はルーマニア領のコンスタンツァとブルガリア領のトルブーヒン。ローマ,ビザンチン帝国の支配を経て,12~14世紀にはブルガリア帝国領,のちトルコ領となり,19世紀後半の露土戦争後,1878年に北部はルーマニア,南部はブルガリアの領有となった。 1913年,第2次バルカン戦争によりルーマニアは南ドブルジャを併合。以後同地はルーマニア,ブルガリア両国間の紛争の種となったが,第2次世界大戦中の 40年9月にブルガリアに返還された。オオムギ,コムギ,トウモロコシなどの穀物と工業用作物の栽培が盛んで,ヒツジなどの飼育も行われる。ルーマニア領では特に漁業が重要。第2次世界大戦後は工業化が各地で進み,セメント,肥料,造船,食品加工などの工場が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドブルジャ

ドブロジャ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のドブルジャの言及

【ドブロジャ】より

…現在はルーマニア領とブルガリア領にわかれている。ルーマニア語ではドブロジャ,ブルガリア語ではドブルジャDobrudzhaという。地形は北部は低い山脈(最高峰は467m),丘陵地帯,デルタ地帯から成っているが,南部には丘陵と平地がひろがっている。…

※「ドブルジャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドブルジャの関連キーワードサンステファノ条約アダムクリッシブカレスト条約ブルガリア史ミルチヤ老公ルーマニア史ヌイイー条約ドブルジアヌイイ条約シリストラスキタイ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android