ドブルジャ(英語表記)Dobrudza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドブルジャ
Dobrudza

ルーマニア語ではドブロジア Dobrogea。ドナウ川下流部と黒海とにはさまれた地域の歴史的名称。北部はルーマニア領,南部はブルガリア領。主要都市はルーマニア領のコンスタンツァとブルガリア領のトルブーヒン。ローマ,ビザンチン帝国の支配を経て,12~14世紀にはブルガリア帝国領,のちトルコ領となり,19世紀後半の露土戦争後,1878年に北部はルーマニア,南部はブルガリアの領有となった。 1913年,第2次バルカン戦争によりルーマニアは南ドブルジャを併合。以後同地はルーマニア,ブルガリア両国間の紛争の種となったが,第2次世界大戦中の 40年9月にブルガリアに返還された。オオムギ,コムギ,トウモロコシなどの穀物と工業用作物の栽培が盛んで,ヒツジなどの飼育も行われる。ルーマニア領では特に漁業が重要。第2次世界大戦後は工業化が各地で進み,セメント,肥料,造船,食品加工などの工場が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドブルジャの言及

【ドブロジャ】より

…現在はルーマニア領とブルガリア領にわかれている。ルーマニア語ではドブロジャ,ブルガリア語ではドブルジャDobrudzhaという。地形は北部は低い山脈(最高峰は467m),丘陵地帯,デルタ地帯から成っているが,南部には丘陵と平地がひろがっている。…

※「ドブルジャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android