コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドモラン ドモラン Demolins, Joseph Edmond

1件 の用語解説(ドモランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドモラン
ドモラン
Demolins, Joseph Edmond

[生]1852. マルセイユ
[没]1907.7.22. ウール,レロシュ
フランスの社会学者,教育家。 F.ルプレに師事して急進的社会改良主義者となり,雑誌『社会改革』の編集に従事。 1886年『社会科学』を創刊,その編集を行なった。イギリスの教育,特にアボッツホルムの学校などを視察研究,それと比較してフランスの教育が古典に偏し,試験を過度に重視するなど,あまりにも守旧的,非実際的であること,体育,運動を軽視していることなどを批判し,それを克服すべきであると理想的教育論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドモランの関連キーワードマルセイエーズ馬耳塞ラマルセイエーズマルセル石鹸アデュー・マルセイユ マルセイユへ愛をこめてマルセイユ国立バレエ団ローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団マルセイユ文書マルセイユ版マルセイユ風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドモランの関連情報