コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライカッパー どらいかっぱー

2件 の用語解説(ドライカッパーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドライカッパー

銅線による通信回線(電話回線)のうち使われていないもの、あるいは通信回線の帯域で使われていない部分のこと。これまで、電気通信事業者MDFへの接続が行えず、必ずNTTの市内通信網を経由する必要があった。これを解消するため、NTTにMDFの開放が義務付けられ、電気通信事業者がドライカッパーを利用して顧客へのサービスを直接提供できるようになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドライカッパー【dry copper】

〔ドライは、電気信号が伝わっていない状態、カッパーは銅線の意〕
地域電話会社が所有する電話線で、 ADSL 用の設備に接続されていないもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドライカッパーの関連キーワードアナログ回線公衆通信回線DDXリセール公衆回線重信回線収容替え電信回線加入者回線

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone