コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルドーニュ[川] ドルドーニュ

2件 の用語解説(ドルドーニュ[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドルドーニュ[川]【ドルドーニュ】

フランス南西部の川。ピュイ・ド・サンシー山に発して西流,ボルドー北方でジロンド川河口に注ぐ。全長472km。上流部は水力発電所が多く,下流域はブドウ栽培地帯。ベルジュラックまで水運が盛ん。
→関連項目ガロンヌ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドルドーニュ[川]【La Dordogne】

フランス南西部の川。全長約500km。マシフ・サントラル北部の火山モン・ドールに源を発し,オーベルニュの高原を深く刻んで峡谷をつくりながら南西流したのち,西へ転じてアキテーヌ盆地を横切り,ボルドーの北でガロンヌ川と合してジロンド川に注ぐ。河口周辺はボルドー・ワインの主産地として有名。戯曲《シラノ・ド・ベルジュラック》で名高い商・産業の中心都市ベルジュラックBergeracまで航行可能。上流の峡谷地帯はエーグル・ダムをはじめ,巨大なダムが多く水力発電が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドルドーニュ[川]の関連キーワードガロンヌ川ビアリッツボルドーメドック白鷴フランス窓フランス刺繍ルールドシャローズ種 (Chalosse)バルテ種 (Barthais)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone