コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドループ式 ドループしきDroop system

1件 の用語解説(ドループ式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドループ式
ドループしき
Droop system

比例代表制におけるクォータ計算法 (→当選基数 ) の一つ。この方式はクォータが大きすぎるため定数を配分しきれないというヘア式の欠点を除くため,1868年にイギリスの H. R.ドループによって考案された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のドループ式の言及

【比例代表制】より

…ドント式は,比例代表の趣旨にもっともかなったものであるが,計算煩瑣(はんさ)なため,通常はドント式と配分結果がつねに一致するハーゲンバハ=ビショフHagenbach‐Bischoff式が用いられる。この方法は,ドループ式の当選基数を用いて第1段階の配分を行ったあと,各党の得票数を各党の配分数プラス1,プラス2,……で除して,商の大きい順に配分もれの残りの議席を与えて最終的な配分とするものである。 また,ドント式の変形としてサン・ラグSaint Lague式がある。…

※「ドループ式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone