コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレッジ dredge

翻訳|dredge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレッジ
dredge

船を低速で走らせ,けん引またはえい航することにより,海底地質・生物試料を採集すること。また,試料採集に用いられる円筒または角筒型の器具を指す。これは一端が口を開き,その開口部にけん引用アーム,チェーンワイヤが取り付けられたものである。日本では生物・岩石採集用として新野式ドレッジが使用されていたが,最近ではマンガン団塊採集用として山門式ドレッジが開発されたり,目的によって種々のものが用いられるようになってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドレッジの言及

【採泥器】より

…用途に応じて多種類のものが開発されている。その原理から大別すると,(1)すき(鋤)で掘りおこして網に集めるドレッジ,(2)海底に落下させて泥をつかみとるグラブ,(3)海底に突きさすコアラーの3者に分けられる。いずれも観測船からワイヤでつないだ採泥器を下ろし,試料採集後にウィンチで船に引き上げる。…

※「ドレッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドレッジの関連キーワード琵琶湖湖底遺跡第一鹿島海山ゴムホース堆積性泥炭砂鉱床採掘キンタ盆地キンタ渓谷露天掘り分断平衡混汞法浚渫船採泥器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android