コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開き ヒラキ

5件 の用語解説(開きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひらき【開き】

開くこと。あくこと。あけること。また、そのぐあい。「襟の―を大きくする」「口の―が足りない」
つぼみがほころぶこと。花が咲くこと。「今年の桜は―が悪い」
二つ以上の物事の間の差。「先頭と一周の―がある」「年齢の―が大きい」
開き戸」の略。
(「おひらき」の形で)会などが終わって解散すること。終わること、帰ること、去ることの忌み詞。「お―にする」
魚を背開き、または腹開きにして干したもの。「アジの―」
身をかわすこと。また、その度合い。「からだの―が小さい」
能・狂言で、3足または2足後退しながら、両腕を広げる所作。
物事を始めること。開催。また、披露。
「俳諧の―で」〈魯文西洋道中膝栗毛
10 釈明。弁解。申し開き。
「医学いたらざるゆゑに、つまりぬるものなるべし、此―たしかにありなん」〈仮・為愚癡物語〉
11 舟の帆の張り方。舟の横から風が吹いてきたとき、舟を斜めに進行させる。
「順風にまかせて―に帆をかけ」〈洒・通人三国師〉
12 (他の名詞に付いて「…びらき」の形で)閉じていたものを開放すること。「プール―」「店―」「山―」
[下接語](びらき)海開き鏡開き川開き観音開き口開き蔵開き歳旦開き早(さ)開き序開き雀(すずめ)開き背開き綱開き値開き・旗開き・半開き舞台開き・船(ふな)開き・店開き道開き山開き両開き炉開き

びらき【開き】

ひら(開)き12」に同じ。「海―」「店―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あき【開き】

〔「あき(空・明)」と同源〕
あくこと。ひらき。 「 -の悪い扉」

ひらき【開き】

開くこと。 「扉の-が悪い」
花が咲くこと。 「今年は花の-がおそい」
二つ以上の物の差。 「理想と現実との-」 「考え方に-がある」
「開き戸」の略。
〔結婚披露宴などの集まりで、「閉じる」「終える」というのを忌み嫌うことから〕 会などをおえること。 「今日はこの辺でお-にする」
魚などの腹をさき、はらわたをとり、開いた干物。 「サンマの-」
(野球・テニス・ゴルフなどで)球を打つときに、半身の体勢から体を正面に向けること。 「体の-が早い」
身をかわすこと。 「足取、手の内四寸八寸、身の-/浄瑠璃・国性爺合戦」
能・狂言の所作の一。三足または二足後退しながら両腕を横に広げるもの。
和船用語。
和船の棚板・水押みおし・戸立とだてなどの取り付け角度を表す船大工用語。
帆船が横風や逆風で走るときの帆の状態をいう船方言葉。
「開き走り」の略。
「…びらき」の形で名詞の下に付く。
はじめることの意を表す。 「海-」 「プール-」
開くことの意を表す。 「観音-」 「両-」 「内-」

びらき【開き】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開きの関連キーワード穿孔笑み開港切開全開半開き満開開けっ放し開襟蓋明け

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開きの関連情報