ドレル‐ヤンのプロセス(英語表記)Drell-Yan process

法則の辞典の解説

ドレル‐ヤンのプロセス【Drell-Yan process】

素粒子反応仮定の一つで,ハドロンどうしの衝突に際し,ハドロン中のクォーク‐反クォーク対が,中間状態で仮想の光子に転化して,最終的にレプトンの対(ee,または μμ)を生成する過程.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android