仮想(読み)カソウ

デジタル大辞泉の解説

か‐そう〔‐サウ〕【仮想】

[名](スル)実際にはない事物を、仮にあるものとして考えてみること。仮に想定すること。「火災を仮想した避難訓練を行う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かそう【仮想】

( 名 ) スル
仮に想定すること。 「大地震発生を-した対策」
文法で、実際はそうでないことを前提として推量することを表す言い方。文語で、助動詞「まし」を付けて言い表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐そう ‥サウ【仮想】

〘名〙 仮にこうこうだと考えること。仮の想定。想像。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の任務「茲に強大なる国家と弱小なる国家とありと仮想せよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮想の関連情報