コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間状態 ちゅうかんじょうたいintermediate state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間状態
ちゅうかんじょうたい
intermediate state

量子力学的系の期待値や遷移を取扱うときは,摂動論が有効であるが,始状態から終状態へ直接移る遷移のほかに,中間的に他の状態を経過する高次の過程が考えられる。このような状態は多くは準安定であって,一般に中間状態といわれる。不確定性原理によれば,時間の不確定 Δt とエネルギーの不確定 ΔE の間には,ΔtΔEh/2π ( hプランク定数 ) という関係があるから,一般に寿命が短い (つまり Δt が小さい) 中間状態ほど,ΔE が大きく,エネルギー的に離れた状態を考慮しなければならない。高次の摂動を考えるときほど,介在する中間状態の数は多くなる。また電子電磁場の間に相互作用があるとき,中間状態としては,電子や光子の数が異なるいろいろな状態が可能である。この意味で,電子は仮想的に光子を放出,吸収しているなどという言い方をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中間状態の関連キーワードランダウ(Lev Davidovich Landau)アルディピテクス・ラミダスドレル‐ヤンのプロセスフェムト秒分光学リン光(燐光)ボルン近似薄型テレビ原子核反応有機反応論アンモニアジャワ原人活性錯合体二重否定律精神病質遷移状態弾性散乱北京原人前癌状態反義語カダバ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間状態の関連情報