コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレークの方程式 ドレークノホウテイシキ

1件 の用語解説(ドレークの方程式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドレーク‐の‐ほうていしき〔‐ハウテイシキ〕【ドレークの方程式】

我々の銀河系内に地球外文明がどれくらい存在するかを求める式。地球外文明の数をNとすると、N=R・fp・ne・fl・fi・fc・Lという各因子の積で表される。ここで、Rは恒星の発生率、fpは惑星系を有する恒星の割合、neは生命の存在に適した環境がある惑星の数、flは生命が発生する確率、fiはその生命が知的生物に進化する確率、fcはその知的生物が他の星と通信を行う確率、Lは通信を行うような文明の存続期間である。1961年に米国の天文学者フランク=ドレークが考案。ドレーク自身が各因子について妥当と思われる値を代入したときは、N=10となった。ドレークの式

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドレークの方程式の関連キーワード銀河系外星雲銀河系内星雲銀河星雲銀河赤道天の川銀河銀河面クラインの仮説ド=ヴォークルールの銀河系カタログ遠銀点近銀点

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone