コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロー機能 どろーきのう

1件 の用語解説(ドロー機能の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドロー機能

点と線、つまりベクトルで描かれる画像データをベクタデータと呼び、そうしたデータで絵を描くソフトドローソフトと呼ぶ。拡大しても画像が劣化しないという特徴がある。これに対し、ドットで絵を描くツールをペイントソフトと呼ぶ。こちらは拡大するとジャギー(ギザギザ)が出てしまう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドロー機能の関連キーワードベクター画像ベクトルフォントベクトル画像位置ベクトル基本ベクトル固有ベクトル状態ベクトル波数ベクトルベクトル量ベクトルグラフィックス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロー機能の関連情報