コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーパミンβ-ヒドロキシラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ドーパミンβヒドロキシラーゼ

 [EC1.14.17.1].ドーパミンβ-モノオキシゲナーゼともいう.アミン作動性神経で,ドーパミンをエピネフリンに変換する反応を触媒する酵素.反応でアスコルビン酸が還元される.銅を含むタンパク質.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ドーパミンβ-ヒドロキシラーゼの関連キーワードリポキシゲナーゼアルコールデヒドロゲナーゼ酵素番号フェノラーゼアミノ酸オキシダーゼトリプトファンオキシゲナーゼリンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)ルシフェラーゼアスコルビン酸オキシダーゼアルデヒドオキシダーゼ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android